発注してから受け取るまで名刺発注の流れを説明します

社会人にとって必須アイテムというべき名刺ですが、皆さんの会社ではどのように製作していますか。中にはなるべくコストダウンをしたいと考えて、フリーソフトを使用して自社で作るなんてところもあるかと思います。しかしながら、取引相手に渡す名刺が安っぽいチープなもので大丈夫でしょうか?名刺作成もやはり餅は餅屋であり、プロが製作するとデザインや裁断の丁寧さなどで大きな違いがあります。出された名刺を受け取ったときにどれだけインパクトを与えられるか、好印象を与えられるかも名刺の役割としては重要です。ただ単に自己紹介程度で考えている人や企業は一度プロが作る名刺のクオリティを確認するべきでしょう。どこで名刺発注を頼んで良いか分からない場合でも、最近はネットでも注文がOKのところが多いため価格や製作実績などを比較することができます。

名刺発注をしたい場合にまず確認したいこと

いざ名刺を専門のお店で発注しようとした時にどこで発注するべきか。最近はネット注文が主流になってきています。ほとんどが全国どこでも対応してくれますので色々比較して決めると良いです。最初に確認するべきことは発注枚数とそのおおよその価格です。基本的には1箱単位で100枚が最小ロットであることが多いです。価格は使用する紙とカラー有無で変わってきます。紙にはたくさんの種類がありますので製作する名刺の持つ意味合いをしっかり考えましょう。次に確認したいのがデータ入稿の方法です。中には手書きのイメージだけで製作してくれるところもあります。またフォトショップやイラストレーターなどのソフトで作成したデータで入稿できるところも多いです。これらイメージやデータを注文フォームから送ることで後はプロがデザイン修正をし、校正する流れとなります。

名刺発注から納品までのおおよその期間

名刺発注を行ってから実際に納品されるまでの期間としては、早いところでは2日後発送で対応してくれます。仮にはじめての発注であっても、データ入稿から24時間以内にデザイン作成してくれるサービスもあります。校正がOKであればそのまま名刺作成にはいるため翌日には発送されてきます。もちろん一般的な名刺であればこれら期間で受け取ることができますが、切り抜き名刺の発注など特殊な加工が必要な場合はもう少し納期はかかります。デザインなどの打ち合わせにももう少し時間がかかるでしょう。そういった場合はあらかじめ納期確認を行い必要とする時期に間に合うか確認をしましょう。また、一度でも注文実績がありデザインの変更が無ければ名刺を発注してから最短で当日届くような超特急サービスもあります。