名刺発注をするメリットデメリットを説明します

名刺はビジネスの世界だけではなく、近年は就活でも名刺を使う風潮があるようで、さまざまなシーンで必要とされています。会社へ就職すると、だいたいの場合は会社で名刺を作ってもらい支給されるスタイルが多いですが、アメリカなどではビジネスカードという名刺とは別に、ソーシャルカードというプライベートで使用する名刺を持つ人もいます。日本でも起業からもらう名刺とは別に、自分でユニークな名刺を作成し、利用している人もいます。ソーシャルネットワークやブログのURLを記載したり、趣味のサークルを紹介するような名刺を作成している人もいるでしょう。初めて名刺を作る時に自分で作成してみるか、名刺発注してみるか悩みますが、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

名刺発注する際のメリットとデメリット

名刺のデザインを外注するメリットとして、例えばプロの人に発注するなら、非常にスタイリッシュで恰好の良いものが出来上がるでしょう。印刷を外注するメリットとして、数十枚から量産することができるので、1枚当たりのコストを抑えることが可能です。インターネットを利用してサイトなどから入稿できるようなシステムを使用すると、片面モノクロやカラーなど1枚当たり数円という単価で利用することができます。デザインを外注する際のデメリットとして、デザイン料がかかってしまうのでその分コストがアップしたり、依頼したイメージと異なったものに完成してしまったり、デザイン調整に時間や手間がかかってしまうことがあるでしょう。デザインを依頼するときはデザイナーと丁寧にイメージを調整する必要があります。印刷を外注するデメリットとして、少しの量を生産することができません。一般的に数十枚からの注文になるので、一定の期間しか使わないときや名刺に記載している情報に変更がでてしまうと余ってしまうことがあります。

自分で名刺を作成するメリットとデメリット

自分で名刺を作成するメリットは、手作り感が出ることです。この世に1つしかないオリジナルのもので、通常印刷されたものとは異なる味わいや個性を感じることができます。レイアウトの技術や紙の選択など、その人のセンスなどがアピールすることが可能です。名刺発注するよりも、コストを抑えることができるでしょう。名刺を自作するデメリットは、時間と手間がかかることです。デザイン作りに慣れていないと、センスのないものになってしまうこともあり、名刺を受け取る相手が良くない印象を持つかもしれません。自分で作成するときは、デザインやレイアウトなど十分配慮する必要があるでしょう。名刺を自分で作成するか、名刺発注するかは使用する頻度や用途に応じて選択することをおすすめします。どのようなシーンで相手に何をアピールしたいかを検討すると、満足のいく名刺を持つことができるでしょう。