どのぐらいの金額がかかるのか名刺発注の相場を説明します

ビジネスの中でも名刺はとても重要なツールの為、必ず持ち歩かなくてはなりません。初めて会う取引先に名刺を持っていないとは言えませんし、持っていないとなれば相手に覚えてもらう事も出来なくなります。名前を知ってもらうのはもちろんの事、これから仕事の話をしていく上でどこの誰かわからない相手と取引をしたいとは思われませんので、名刺はビジネスの中では必須アイテムです。名刺発注をして名刺を作成する場合、相場よりも安く作成する事が出来れば、戸惑う事なくあちこちに名刺を配りやすくなります。相場よりも高ければ一枚の単価が上がる為、相手によっては渡すのがもったいないと思うようになればビジネスチャンスを逃してもいけませんので、相場を知ってから発注する事です。

名刺作成に対する費用のかかり方

名刺発注をする場合、どのような名刺を作るのかで相場が変わってきます。一般的な名刺として片面だけに印刷をしてモノクロタイプのシンプルな名刺の場合、100枚で1000円程度の印刷料金が相場です。さらにそこからかかる費用としては、デザインをどうするかで変わってきます。オリジナルのデザインにしてもらう為にデザインも依頼するのであれば、デザイン料が必要になり、5000円程度のデザイン料が必要になる場合もありますので、どこまでを依頼するかで値段に違いが出ると知っておく事です。名前を知ってもらうだけの為に作成をする場合はシンプルなデザインでも問題ありませんが、相手に印象が残るような名刺を作りたいのであれば、シンプルなデザインよりも目を引くデザインにするのがベストです。

少しでも安く名刺を作成する方法

従業員がたくさんいる会社の場合、みんなの名刺を作っていると経費がかさみます。安く仕上げたいのであれば、一人分だけを必要な時に必要なだけ名刺発注するのではなく、まとめて発注すれば安くしてくれる店舗も多いです。部署移動がほとんどない会社であれば、たくさん名刺を作っていても長く使用することが出来ますので、まとめてたくさん作っておくと安く作れます。名刺にはたくさんの情報を入れておきたいと思いがちですが、情報が多すぎると読む気が失せる事になり、相手の印象に残りません。いいデザインであれば視覚にうまく入り込む事が出来たり、裏面も見てみたいと思わせる事が出来ますので、シンプルながらも印象に残るデザインが最適です。いい名刺が作れれば今後の仕事にも結び付いていきます。